ミニドレスは可愛らしいイメージに

ミニドレスの種類と着こなし方

膝より上のスカート丈でのミニドレスは、足の露出も多い分、若々しさや可愛らしさが引き立つドレスです。

ミニドレスと言ってもタイプは様々で、ウエスト部分をキュッと絞らない「Aライン」のドレスは、歩くときにドレス全体がふんわり揺れ、可愛らしいイメージとなり、逆にウエストを絞って女性らしさを感じさせる「フレアドレス」は、体のラインも見えるので、女性らしさがアップします。

スカートの先が、風船のように内側に絞られている「バールンドレス」は、ふわっとしたフォルムで、可愛らしさと女性らしさを兼ね備えているドレスになります。 他にも色、形、柄などで、印象は変わると思いますが、露出も多い分、細身の女性が似合う服装かもしれません。

キャバ嬢では、テンション高めの女性のイメージを持たせるドレスとなります。
一言でミニドレスと言っても、様々な種類があり同じデザインでも着る人によってイメージが変わることも多々あります。

ロングドレスとの使い分けで印象を変える

基本的ミニドレスは、可愛らしさや明るく元気のあるイメージを持たせるドレスになるので、身長が高くてすらっとしている人は、ロングドレスを着ている時は近寄りがたい印象が強い人もいるかもしれませんが、ミニドレスを着ることによってよりも近づきやすい印象を持つなど、その時に必要になる印象を持たせたい時に着るのも手かもしれません⭐︎