1. ホーム
  2. 2016年05月
  3. 1/ 1

アニメ好きが集う制服キャバ

セーラー服で接客?制服キャバクラの特徴

歓楽街にたくさんのキャバクラが立ち並ぶ中、自然と目に止まるのが「制服キャバクラ」。

一般的なキャバクラと比べて、少し放つ雰囲気が違うお店で、そこに興味を持って通うお客様も多いかもしれません。
お店に所属しているキャバ嬢はみんな指定された制服を着て接客を行います。

制服も様々なで、セーラー服はもちろん、ブレザーの制服でお嬢様のような雰囲気を出しているお店などもあります!
セーラー服派とブレザー派に分かれるほど、制服の人気度は高いかもしれません。

また、お客様の系統としては、アニメ好きの人やアイドルが好きなお客様が多いかもしれません。
もちろんどんなお店か気になってそこから通い出すお客様もいると思いますが、他のキャバクラと比べると集いやすい場所ではあります。


初心者にもオススメ

キャバクラ初心者の方にとっては、いきなりドレスを着て接客をしなくてはならないというよりは、まだ馴染みのある制服を着て、お客様と気兼ねなくお話しする方が気持ちとしては楽かもしれませんね。

お店によって様々な制服があるので、着てみたい制服でお店を選ぶのも面白いかもしれませんね⭐︎高校生のように元気で可愛い女の子を探しに来るお客様が多いかもしれません。

素人っぽさが見える私服キャバ

私服キャバの特徴

私服キャバは私服で接客するというところから、ガールズバーのような素人っぽさが売りのキャバクラになります。
ドレスやキャバスーツを着たキャバ嬢とは違い、一気に親しみやすい雰囲気のお店にになるので、訪れる人も多数います。
いつも着飾っているキャバ嬢が私服を着ている…という以外さも感じられるかもしれません。

私服キャバで働くキャバ嬢は素人っぽさと可愛らしさのイメージが強いかもしれません。ドレスを着ているキャバ嬢と違って、ピリついている感じではなく、賑やかにワイワイお話ができるお店なのではないでしょうか。


どんな私服でもいいの?

もちろん私服OKのキャバクラと言っても、適当に来合せた普段着で出勤して良いわけではありません。
私服はお店が求める服装に合わせるのがベストですが、やはり接客業になりますので、女性らしく、そして自分を綺麗に魅せられる服装にすることが望ましいでしょう。そうすることによってお客様からの印象も変わってきます。

キャバクラではイベントも行っており、その中でも、私服イベントもあるかもしれません。普段ドレスを着ているキャバ嬢が私服というのも、お客様からしたら、とても興味のあるものになります。自分を最大限に可愛くセクシーに見せる私服を選んでみましょう。

気丈さを兼ね備えるキャバスーツ

キャバスーツって何?

ドレスの他にも「キャバスーツ」というものがあります。

キャバスーツはスタイリッシュな印象と、どこか中性的なイメージを感じさせる服装です。
ロングドレスのように大人っぽさやセクシーさも際立つ印象ですが、それに加えて気丈をも感じられます。
ドレスのような、風になびくようなヒラヒラ感もないので「出来る女」のイメージが強く感じられるかもしれません。

スーツと言っても一般的なスーツとは違い、ロングドレスほどではないですが、体のラインが出るようなタイトなデザインのものが多く、種類は様々です。
スーツの下はもちろんタイトスカート。ドレスとは違う色気を感じられます。お店のコンセプトとして、キャバ嬢全員がキャバスーツで営業しているお店もあり、お客様がキャバスーツを求めて来店する傾向も少なくありません。

明るめの色合いがオススメ

色合いは、あまり暗めのものを選んでしまうと、華やかさに欠けてしまい、印象も薄くなってしまいます。
白やベージュの色合いを選んだり、暗めの色を選んだとしても、ラメが入ったものや装飾が施されているようなものを選んで、華やかに着飾りましょう。グッと明るい印象にかわります。

もし、求めている装飾などがない場合でも、既存のものに自分で縫い付けたりするのも良いかもしれません。お客様との話のネタにもなりそうですね⭐︎

上品さを感じられるロングドレス

ロングドレスの特徴

基本的にキャバ嬢が着ているドレスのイメージといえば「ロングドレス」になると思います。

 

なんといっても、体のラインを綺麗に見せてくれ、大人の女性のセクシーさと上品さを兼ね備えたイメージになるのが嬉しいポイント。 美脚の持ち主であれば、スリットが入ったドレスで美脚を覗かせるドレスを着るのもとてもセクシーな印象を与えます。

また、体型が気になる方でも、スリットが入ることによって足が長く見える効果もあり、ほっそりとした印象を与えるため、試しに着てみるのも◎です。

デザインも様々なものが多く、バストを強調したい、お尻を綺麗に見せたい、自慢のウエストを目立たせたい、背中を見てもらいたい、体のラインがもっと色っぽく見える形がいい…などなど、自分の魅力にあったドレスを選べば、その魅力は倍増します。

様々なタイプのロングドレス

ロングドレスは他にも様なイプのドレスが多数あり、「マーメードライン」「Aライン」「スレンダーライン」「プリンセスライン」など形は様々。 どれも丈が長く、優雅でゴージャスな女性を演出してくれます。
ヒールでもサンダルでも合わせやすく、ミニドレスと違い、より一層大人なイメージを与えるのがロングドレスとなりますので、様々なタイプのロングドレスを何着か持っていたいものです。

ミニドレスは可愛らしいイメージに

ミニドレスの種類と着こなし方

膝より上のスカート丈でのミニドレスは、足の露出も多い分、若々しさや可愛らしさが引き立つドレスです。

ミニドレスと言ってもタイプは様々で、ウエスト部分をキュッと絞らない「Aライン」のドレスは、歩くときにドレス全体がふんわり揺れ、可愛らしいイメージとなり、逆にウエストを絞って女性らしさを感じさせる「フレアドレス」は、体のラインも見えるので、女性らしさがアップします。

スカートの先が、風船のように内側に絞られている「バールンドレス」は、ふわっとしたフォルムで、可愛らしさと女性らしさを兼ね備えているドレスになります。 他にも色、形、柄などで、印象は変わると思いますが、露出も多い分、細身の女性が似合う服装かもしれません。

キャバ嬢では、テンション高めの女性のイメージを持たせるドレスとなります。
一言でミニドレスと言っても、様々な種類があり同じデザインでも着る人によってイメージが変わることも多々あります。

ロングドレスとの使い分けで印象を変える

基本的ミニドレスは、可愛らしさや明るく元気のあるイメージを持たせるドレスになるので、身長が高くてすらっとしている人は、ロングドレスを着ている時は近寄りがたい印象が強い人もいるかもしれませんが、ミニドレスを着ることによってよりも近づきやすい印象を持つなど、その時に必要になる印象を持たせたい時に着るのも手かもしれません⭐︎