ドレスやスーツを着て接客

キャバクラで働くには高い接客スキルを求められるのはもちろん、見た目から華やかに、女性らしさを感じられる服装や髪型なども重要となってきます。

とは言っても、キャバ嬢の服装は様々です。それに伴い来店する客層も変化してきますので、どんな柄や色にするか、形はどれにするかなど、自分に合ったドレスやキャバスーツを着ることはとっても大切です。
自分の魅力を存分に出せる要素でもあり、流行りやお客様の嗜好もありますので、そのような点も見極める必要がありそうです。

ロングドレス・ミニドレス・キャバスーツに加えて、セーラー服などの学生服や、私服のキャバクラ、メイド服を着て接客するキャバクラなど、様々です。それぞれの特徴やその服装に対するイメージで自分の印象をガラリと変えることもできます。


服装は少しずつ増やしていけば大丈夫

また、毎日同じ服装よりは、様々なドレスやキャバスーツを持っていれば、来店されるお客様に合わせて服装を変えるのも◎
初めてバイトする方は、服装にお金をたくさんかけられないという人もいるかもしれませんが、ドレスはキャバ嬢の身だしなみです。
徐々にドレス・キャバスーツを増やしていくと良いかもしれませんね。

ネットでも店舗でも購入できるお店はたくさんありますので、様々なドレスを見てみてください。